【保育士転職マニュアル】求人探しから内定までわかりやすく教えます

保育士の転職について、求人探しから内定に結び付くまでの手順をお伝えしていきます。 当サイトでは、基本だけでなく転職の失敗を防ぐコツまでありますので、しっかりと知識を身につけてください。
MENU

保育士の転職で成功する為にはどうするか?

保育士,転職,悩み

保育士の転職活動は大変・・・
このように思われている方はたくさんいます。

 

転職は体力的に疲れるだけでなく、精神的にも疲れます。
「ようやく就職したけど、全く予想していた転職と違う」
「前の会社より良い条件なのに、前の会社の方が良かった」

 

こうなると、せっかくの転職がムダになります。
「今まで頑張ったのは何だったのか?」と思うはずです。
これでは、転職の意味が全くありません。

 

そもそも何故転職を考えるのかといいますと、

給料を上げたい

人間関係を良くしたい

自由な時間が欲しい

ステップアップしたい

この4つが大きな要因となっています。

 

この条件を良くする為に大変手間のかかる転職活動を行います。
失敗しない為には計画を立てて、基本を学ぶ事で失敗を少なくしましょう。

 

そのお手伝いとなるのが、当サイトとなります。
当サイトでは、一つ一つ転職する為の方法をご説明させていただいています。
◆管理人が経験してきた事
◆転職のコンサルタントに聞いてきた事
◆保育士に関する書籍などを踏まえて、わかりやすくお伝えします。

 

少しでもご参考になればと思います。

 

 保育士の現状

まずはじめに、保育士の現状を知る事から始めましょう。
保育士の求人は、平成27年1月には保育士の有効求人倍率が2倍、東京では5倍となっており
現時点では、保育士不足が大きな問題となっております。

 

また少し将来の事になりますが、平成29年度には保育士の数が約38万人となります。
しかし、必要な保育士の数は46万人なので、7万人以上保育士が足りない想定となります。
(厚生労働省より引用)

 

補足:有効求人倍率が2倍とは、2つの会社が求人を出しても1人しか面接に来ない状況です。
どちらかの会社は求人を出しても、一切面接に来ない状況を表します。

 

これでわかると思いますが、保育士さんは非常に大切です。
普通に保育士をやっていると、この実感は湧かないと思いますがここで認識してください。

 

その為、転職する際に重要なのは自分を安くしない事です。
少しぐらい強気でいく事が必要です。それでだめなら少しずつ目標を落としましょう。

 

「私なんて何もできないし・・」
「他の会社でもダメな所は同じでしょ・・・」
など、否定的に考えず良い条件にする為の転職にしましょう。

 

保育士,現状

 

 迷いをなくす転職方法

転職活動を行っていると、だんだん疲れてきます。
求人探しも疲れますので、求人を見ていても判断もつきにくくなり、モチベーションも下がりやすくなります。

 

そこで、相談すると良いです。

 

相談は誰でも良いわけではなく、出来るだけ保育や転職に携わっている方に聞く事が重要です。

 

たとえば、
◆保育士の上司や同僚
◆保育士学校時代の先生
◆大学や高校時代に転職活動でお世話になった方
◆ハローワークなどの個別相談
◆転職サイトのコンサルタント
などが挙げられます。

 

その中でもオススメなのが、転職サイトのコンサルタントです。
これは実体験でもあるのですが、非常に有効です。

 

お勧めする理由として、

料金は完全無料
転職のプロが担当してくれる
なんでも相談できる
良い求人を紹介してくれる
勤務場所の内部情報も知っている
面接に同行してくれる
聞きづらい給料などの交渉もしてくれる

このようなメリットがあります。

 

保育士,相談

 

管理人的には、求人を探して紹介してくれるのは非常に大きなメリットでした。
疲れて求人を探せない時でも、電話で求人を紹介してくれます。
また、面接での給料などの交渉をしてくれる点も助かりました。

 

転職活動は大変なので、少しでも楽に出来る方法を考える事は重要です。

 

更新履歴
このページの先頭へ